集合住宅

マンション経営で失敗しないために必要な知識|ガンガン儲かる経営術

築年数を確認する

集合住宅

リフォームの心配

長くアパート経営をして行きたいと考えている方は、売りアパートを見る際になるべく建築年数が経過していない物件を選ぶ事が重要になります。建築年数が長くなっている売りアパートを購入しても長くアパート経営をする事はできますが、途中でリフォームをしなくてはなりません。最初から綺麗で築年数が経過していない売りアパートを購入する事によって、リフォームをする必要が無く後から大きな出費の心配をする必要が無くなるでしょう。後からリフォームをしても問題無い、またそのための費用もすでに考えていると言う方でもなるべく築年数が経過していない売りアパートを見つけて購入する事をおすすめします。理由は必要以上にお金を使わなくて済むからです。

良いスタートを切れます

リフォームは自分が考えている以上に費用がかかってしまう場合が多いです。また築年数が経過している売りアパートを購入すると、すぐにリフォームをしなくてはならない場合も出てきてしまいます。これではいくら資金に余裕があっても納得する事ができなくなってしまうでしょう。築年数があまり経過していない売りアパートはそれなりに高い価格になっている事もありますが、それ以上のメリットがありますし購入して良かったと考える事ができます。10年以内の築年数の売りアパートを探す事ができれば非常に長く経営を行う事ができますし、綺麗な内装や外観のままになっている事が多いので、入居者をすぐに招き入れる事ができ良いスタートを切る事ができます。